カンマーフィルハーモニー京都のページへようこそ

当団ホームページをご覧いただきありがとうございます。
同志社交響楽団OBオーケストラより発足した、アマチュアオーケストラです。

 

 

■第15回定期演奏会のお礼



カンマ―フィルハーモニー京都第15回定期演奏会を2月27日京都コンサートホールにて開催いたしました。

当日は多くの皆様にご来場いただき、音楽芸術の素晴らしさを共有できましたこと、団員一同心よりお礼申し上げます。

プレコンサートはムソルグスキー作曲、「展覧会の絵」をカンマ―フィルハーモニー京都として編曲し、プロムナード、バーバヤーガの小屋、キエフの門を弦楽の響きでお届けしました。きしくもロシア、ウクライナ紛争の勃発時期に重なり、私ども平和への祈りをこめて演奏しました。

今回の定演は「共鳴するシンフォニー」と題しまして、ロシアを代表的する作曲家の交響作品をプログラムとしてダイナミックなオーケストラ音楽をお届けいたしました。

冒頭、ムソルグスキー作曲:交響詩「はげ山の一夜」はコロナ禍という闇の世界が、朝の光とともに明ける喩えにも通じていました。


続いてボロディン作曲:「交響曲第2番」。演奏頻度は少ないものの、勇壮さ、美しさの交錯するまさにロシアの交響曲が堪能できる佳曲でした。

 


メイン曲はチャイコフスキー作曲:「交響曲第5番」。運命の動機が発展して光明にいたる。音楽芸術の持つ生きるエネルギーがホールに響き渡りました。

 

次回の第16回定期演奏会は本年(2022年)10月17日(日)京都コンサートホール、大ホールにて開催予定です。

人生×(かける)芸術=不滅と題しまして、音楽の素晴らしさを体験できる演奏会にすべく、練習に励んでまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。



 


 

 

 

 



 

新着情報