カンマーフィルハーモニー京都のページへようこそ

当団ホームページをご覧いただきありがとうございます。
同志社交響楽団OBオーケストラより発足した、アマチュアオーケストラです。

 

 

 

第11回定期演奏会のお礼


2019年6月2日(日),第11回の定期演奏会を、満席のお客様をお迎えして開催いたしました。

「ペールギュント」は劇音楽形式とともに、加藤さんに情感こもったソルヴェイグを歌っていただき、その歌声が私どもオーケストラにもしみわたり、グリーグの描いた音楽世界が少しでも体現できたのではないかと思います。


また「だったん人の踊り」では沸き上がる音楽の躍動を感じ、「ブラームス交響曲第4番」では深みのある交響曲の世界を作曲者の音楽人生の追体験とともに堪能いたしました。

 

何より森先生指揮のもとオーケストラの音がホール一杯に広がり、会場の皆様と一体となって素晴らしい音楽体験できましたこと、団員一同あらためてお礼を申しあげます。

今回はホールが満席にて途中入場していただいた皆様、さらには入場をお断りせざるを得なかった皆様におきましては心よりお詫び申し上げます。

次回よりは京都コンサートホール大ホールに演奏会場を移して定期演奏会を開催いたします。
どうぞ再びお越しいただきますよう、よろしくお願いいたします。


第12回定期演奏会は

2020年2月29日(土曜)14時より京都コンサートホールにおきまして、
常任指揮者;森香織先生指揮のもと開催いたします。

まずはベートーヴェン生誕250年を祝しまして、第九歓喜の歌のフレーズが流れる、
序曲「命名祝日」を演奏します。

そして、大阪音楽大学出身、イタリア、フランスで研鑽を積まれ、美しい音色と豊かな音楽性で聴く人を魅了し、現在大阪音楽大学やオペラコレぺティトウアとしてご活躍されている岡本佐紀子さんをソリストにお迎えして、
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番を奏します、是非お楽しみください

メイン曲として、20世紀を代表する名交響曲であり、未だしも、多くの謎と、話題を提供する
ショスタコーヴィッチ;交響曲第5番にカンマーフィルハーモニー京都は挑戦いたします。

この名曲連なる演奏会にて、皆様とともにさらなる音楽体験を重ねていきたく思います。

どうぞ、これからもカンマーフィルハーモニー京都をよろしくお願いいたします。

 

 



 

新着情報